【R6S】ゴールド1・プラチナ3からプラチナ2へ上がるために意識したこと

ようやく、、、ソロランクでプラチナ2に上がることが出来ました。
ランク別の人口を見てみるとわかる通り、ゴールド1、プラチナ3での人口は
多いことがわかります。同じようにプラチナ2へ上がれない人がいると思うので、プラチナ2に上がるために意識していたことを書きます。

少しでもお役に立てれれば幸いです。

無理にキルを取りにいかない

キルを無理に取りに行くことはやめました。
私の感覚ですが、ゴル1とプラ3から上がれない人は
キルを意識して前にどんどん出るか、デスを怖がってピークしないの
どちらかが多いように思います。

ランクをやっている人は誰しも経験したことがあると思いますが、
キルばかりを考えて行動すると力んでしまい無駄なピークが増えます。
その結果、撃ち負けることがよくあります。
私もランクで緊張して本来の実力が出せずに負けることが多かったです。

キルは無理にとりにいかないことを意識してランクに臨みましょう。
また同時にピークする前にピークする理由を考えましょう。

なぜピークするのか?

無理にキルを取りにいってないだろうか?

無駄なピークが多いのではないか?

上記を意識することができるようになると無駄なピークが減ると思います。

無駄なピークかどうかわからない場合、後述しますが
自分のプレイ動画を撮ってみることです。
自分のデスをした場面を見返すことで

なぜ死んだのか?

このピークは必要だったのか?

と考えることで無駄かそうではないのか少しずつわかってきます。

戦績は気にしなくてもいい

ランクで0キル2デスだったとしても
そのデスに意味があるのならそれでOKだと思うことが大事です。

これは心理面に影響してくるからです。
先ほどの無理にキルをとりにいかないと似ていますが、

「0キルだからヤバい」という考えは捨てましょう。

残念ながら、シージプレイヤーの民度が低く0キルだからと
味方に煽ったり攻撃する人がいます。誰でも経験したことがありますよね。
でも気にしないでください。

煽る人は基本的に「キルをする=勝つ」という考えが多く、
その人たちの動きを見ていると無理にキルを取りにいったり
チームメンバーと連携しようとしない人が多いです。

まあだからプラ3から上がれないんですけどね。

キルが取れてない人が悪いと他人に責任を押し付けて、チームメンバー
全体の雰囲気を悪くするメンバーが一番チームの足を引っ張ります。

ソロランクやフルパではない人は、どうしてもこの問題は起きてしまいます。
なので、もし言われたりしたら上記の理由から気にしないことです。
向きになってもいいことはありませんよ。

もしも1試合で0キルだったら、疲れてるんです。
一旦休憩を挟んでリフレッシュしてからやりましょう。

味方の動きに合わせて行動した


プラ3の後半MMR 3400あたりからプラ2も混じってくることが多いです。
そのためチームでの連携が求められることが、多くなります。

私はソロランクでテルミットやヒバナ、サッチャーなど
サポート系を選ぶことが多かったので、アタッカーのサポートに徹しました。
基本的には、味方がやってほしいなと思うことを考えて行動していました。

特に下記については意識しました。

アタッカーがスムーズに立ち回れるようにライブドローンする。

味方のラペリング時は、飛び出し警戒のロック。

裏どり警戒のロック。

味方の位置を把握する(周りをよくみる)。

カバーできる距離感で立ち回る。

このことを心がけました。
特にカバーしあえる距離感で立ち回ることは大事で、
プラチナ2のランク戦になるとフルパも増えてきてこの辺りが
しっかりしています。

味方がやられてもすぐにカバーが来てやっつけることが多く、
仲間の死も無駄になることが少なくなります。
カバーを意識した立ち回りができるようになるとランクでの勝率も上がります。

テロハント後にランクマッチにいった

ジージを起動してから30分間は毎日テロハントをやりました。
マップや練習方法は好みもあると思いますが、
効率よく回せるということで国境のテロハントを回しています。
爆弾解除でもいいと思います。

主に視点移動とヘッドライン維持、決め撃ちをしまくる、
ヘッドショットを狙うことを意識しました。

上手な人の動画を見て知識を吸収した

R6Sigさんのブログと動画はほとんど見ました。
最新の動画はチェックしています。

GODLYさんの視点移動

zironicdkさんの立ち回りや射線管理は

大変参考になりますので、絶対にみるべきです。

自分プレイ動画を見返して反省した

NVIDIA Geforce Experienceで動画を1試合ごとに撮り、
自分のデス動画をみて

なぜピークしたのか?

なぜ死んでしまったのか?

を考えながら見ました。

これを繰り返すことによって、無駄なピークが多いとか
この時に味方のカバーをすればよかったなど反省すべき点が必ず見つかります。
それを次の試合で生かせるようにすることでプラチナ2へ行くことができると思います。

ここまでプラチナ2へ上がるために意識したことを書いてみましたが
あくまで持論ですので、ご理解のほどよろしくお願いします。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

気になった記事をシェアしよう!