【R6S】【攻撃側】レインボーシックスシージ オペレーター「THATCHER(サッチャー)」の解説

THATCHER(サッチャー)

名前 THATCHER(サッチャー)
役割 攻撃側
所属 SAS
アビリティ EMPグレネード
アーマー ●●○
スピード ●●○

THATCHERの特徴

EMPグレネード

サッチャーは全ての電子機器を破壊・一時的に無効化できるEMPグレネードを持っています。

※2018/08/27 追記
Y3.3のパッチでカメラ系のガジェットは一時的に無効化になりました。

EMPグレネードは壁越しに電子機器を破壊できます。

使い方もただ投げるだけなので初心者にも使いやすくておすすめです。
EMPグレネードは全部で3つ使うことができます。
数が限られているため、無駄遣いせずに大切に使っていきましょう。

THATCHERの装備

AR33

AR33はサッチャーのみしか使うことができない武器です。
近距離~中距離で使うといいでしょう。
武器の反動も小さめなので、安定したエイムができるでしょう。
どちらかというと近距離向けの武器なので、近距離で敵をやっつけたい人にはおススメです。
中距離でやりあいたい人はL85A2の武器がいいでしょう。

L85A2

低レートですが、武器反動も小さく中距離を狙いやすいです。
スレッジと同じ武器なのでスレッジと同じように使いたい方にはおすすめです。

M590A1

これもスレッジと同じ武器ですが、ショットガンなので強化されていない壁や落とし戸を破壊することが
できます。
またショットガンで床に穴を開けて下の階へEMPグレネードを投げ込んだり、敵を倒したりできます。
ただサブウェポンがハンドガンのみなので、本当に近距離特化型になります。
近距離で戦いたい場合にはおすすめです。それ以外は先にご紹介したアサルトライフルを使用したほうがいいです。

スポンサーリンク


P226MK25

サッチャーはこのハンドガンのみしか装備ができません。
安定した武器ですが、なにもかも普通といったところでしょうか。
使用する際はヘッドショットを意識して狙うといいでしょう。

ガジェット

ブリーチングチャージャーとクレイモアがあります。
クレイモアを使えるオペレーターが少ないためクレイモアの装備をおすすめします。
クレイモアは裏どりや飛び出し撃ちをしてくるプレイヤーを阻止することができるため重要なガジェットです。
ラぺリング中の味方を狙おうと敵が飛び出てくる可能性が高い場所にクレイモアを設置すると、意外と引っかかりますよ。

立ち回り

THERMITやHIBANAをサポートしよう!

強化壁にはたくさんの防衛側ガジェットが設置されています。
特にBANDIT(バンディット)の「ショックワイヤー」、MUTE(ミュート)の「シグナルディスラプター」は強化壁を破壊するうえでとってもジャマです!
EMPグレネードを壁の前に投げてガジェットを破壊しましょう。
これでTHERMIT(テルミット)やHIBANA(ヒバナ)が強化壁を破壊することができます!

JÄGER(イェーガー)のADSに注意しよう!

イェーガーのガジェット「アクティブディフェンスシステム(ADS)」はEMPグレネードが爆発する前に破壊、無効化します。(壁越しにADSが設置されているときは気にしなくてOK)
なるべく壁越しに投げることを意識したほうがいいでしょう。
室内へ投げようと思ったときには、近くにADSがないかを確認して銃で破壊しましょう。

BANDIT(バンディット)の餅つき勝負!

バンディットは「ショックワイヤー」を使って、強化壁に電気を流し込むことができます。
そこでEMPグレネードを使うのですが、うまいバンディットはショックワイヤーの設置と取り外しを繰り返すことで
ショックワイヤーをEMPグレネードから破壊されずに、テルミットやヒバナのガジェットを設置させないといった強い守り方があります。
この守り方は「餅つき」と呼ばれていて、攻撃側にとっては攻め方を考えなくてはなりません。

今回はここまで!
ランクでのピック率は非常に高いので、使いこなせるようにしておきましょう!

スポンサーリンク

気になった記事をシェアしよう!