【IFTTT】Google Homeに向かって「OK Google LINE 〇〇」というだけでLINE通知ができる方法をご紹介します。


「夕飯に使う材料を買い忘れてしまった!外にいる家族へLINEして買ってきてほしい」

「LINEで返信しなきゃ・・・スマホが手に届かないところにあって取りにいくのがメンドクサイ」

そんな忙しい方やメンドクサイ方のための便利なレシピを作ってみました。
今回はIFTTTを使ってGoogle Home(mini)に向かって「OK Google LINEで〇〇」と話したことをLINEで通知する方法をご紹介します。
パソコンから手が離せないとき、料理のときなど様々な場面で活躍してくれます。
設定方法は簡単です。
忙しいあなたの味方になってくれることは間違いないでしょう。

スポンサーリンク

IFTTTの設定

必要なもの

・Google HOME(mini)
・LINE Notify

LINE Notifyを導入したことがない方
導入方法はこちらの記事を参考にしてください。

1.まず、下記リンクをクリック

OK Google LINEで〇〇と送って!

以下のような画面が表示されます。
※既にアクセス許可をしている方は、こちらの設定画面に移ります。

次に「Turn on」の部分をクリック。
Google AssistantとLINEのアクセスを許可する画面が表示されるので「OK」をクリックします。

Googleアカウントにログインします。

ログインすると、下記のような画像が表示されるので、「許可」をクリックしてください。

次に、LINEのログイン画面が表示されるので、ログインしてください。

ログインすると下記画像が出てくるので、「同意して連携する」をクリックしてください。

Recipientに送信したいグループ名を選択して「Save」をクリックしてください。

最後に送信した相手を指定したLINEグループに招待してください。

以上で設定が完了になります。

試してみよう!

実際にテストをしてみましょう。
Google Homeに向かって「OK Google,LINE 〇〇」と言ってください。
すると、Google Homeが「LINEで〇〇と送ったよ」と言ってくれます。
そして指定したLINEのグループに、話した内容が送信されます。

スポンサーリンク


よだれが試しに待ち合わせの連絡をしてみました。
Google Homeに向かって「OK Google,LINE 明日は渋谷で13時に待ち合わせましょう」といってみると
下の画像の通りにLINEに送られてきました!これでいつでも使うことができます。

まとめ

あまり使う機会ないんじゃないかなと思って記事で紹介するのはやめておこうと思っていましたが、スマホが手元にないけど連絡したいときは頻繁につかっています。
よく使うのは家族に「何時頃に帰ってくるの~」っていうのはほぼ毎日使っています。
また夕飯を作っている最中に材料を買い忘れたりしたとき、帰宅中の家族にすぐにお願いしたりすることができるのも便利です。
ただし、ビックリマークやクエスチョンマークはできません。
まじめな文章になりがちですが、仲の良い友達や家族と使う分にはいいと思います。
たまにGoogle Homeが聞き間違えて変な文になってしまうことがありますが、そこはご愛嬌ということで許してあげてください!

それでは今回はこの辺で!ありがとうございました!

スポンサーリンク

気になった記事をシェアしよう!