【レビュー】”有線を超える”無線ゲーミングマウス「Logicool G703」

「G703ってどんな使用感なんだろう」

「無線のゲーミングマウスって遅延は問題ないの?」

この記事はG703を購入しようか悩んている人に書いています。

こんにちは、「Rainbow Six Siege」ばっかりやっているよだれです。
FPSゲームで敵と撃ち合いになったとき、マウスの線が引っかかってやられたことありませんか?
ホントに ストレスたまりますよね。

「線が引っかからなければ俺は勝っていたのに・・・」

「無線のゲーミングマウスなんて遅延があるから使えない」

悶々としながらゲームをやっていたことを思い出しますよね。
そんな方にオススメの無線ゲーミングマウス「Logicool G703」を半年間使用しました。
G703の使用感についてレビューをしてまいります。

スポンサーリンク



軽く押し込むと浅い位置で「カチッ」となり重すぎず軽すぎずほどよい力でクリックすることができます。

ホイールはヌルヌルって感じ

スクロールした感覚はどちらかというと「カチカチ」より「ヌルヌル」に近い感じです。
正確には「ヌルヌル」だけどわずかに「コリコリ」と手に伝わってくる感触があります。

一般的なFPSゲームにおけるスクロールは武器チェンジをする操作になっています。
「コリコリ」が軽いので突然武器チェンジをするなどの誤操作が起きやすいです。
なので慣れるまでは注意が必要です。

よだれ的には「カチカチ」感があるホイールが好みです。
武器チェンジの際に「カチカチ」感があるとどの武器に変えたのかわかりやすいからです。
G703には「カチカチ」感が足りないのが非常に惜しいと思いました・・・

サイドボタンが最高に使いやすい!

全部で6つのボタンがあります。

サイドボタンは2つとも大きくてとっても使いやすいです。
とくに親指の付け根に当たるボタン(上の画像だと③)の配置は最高です。
他のマウスだとサイドボタンは小さいし使いにくいですが、G703はダントツで使いやすいです。
きっとサイドボタンをよく使うユーザーのためにしっかりと考え抜かれているのでしょうね。
ロジクールさまさまです!

DPI変更ボタンはホイールの下にあるので、DPIをよく変更する方には使いやすいでしょう。
DPI変更ボタン以外にも「アイテム使用」や「グレネードを投げる」などのボタンに変更することができます。
カスタマイズはソフトウェアを使って設定することが可能です。

「有線にはもう戻れない!」は本当です

「有線に戻れない!」というレビューをよく見かけますがこれは本当です。
半年間使用して一度も遅延やポインタが飛んだことはありません。
PMW3366」というセンサーを使用しており、eスポーツ界では最高レベルの精度を実現したセンサーと言われています。

4gamer.net

こちらの記事に掲載されていますが、「PMW3366」を搭載した「G900」というマウスと
「Razer DeathAdder Chroma」、SteelSeriesの「Rival 300」の3つで入力遅延の比較テストを行ったところ、
G900のワイヤレス接続 「3~6ms
DeathAdder Chroma 「10~13ms
Rival 300 「6~9ms
という結果になり、「有線マウスよりはやい」ということが実証されています。

充電の寿命は最高30時間!

ライトをオフにした状態で最高30時間、ライトをオンにした状態で最高22時間の連続使用ができます。
仕事で1日つかったあとそのままゲームをしてもまだまだ使えます!
もし充電が切れたとしても有線接続で充電しながら使えるのでそこもいい点ですね。
ちなみに「Micro-USB」タイプのものであれば充電可能でそのまま使えちゃいますよ!

POWERPLAY」というワイヤレス充電システムにも対応しています。
画像の通りマウスパットにワイヤレス充電器がついています。
常に充電しながら使用できるので「わざわざ有線接続して充電するのが面倒だな・・・」と思う方にはおススメです。
ただ、値段が高いので購入を検討している方はよく調べてから購入してくださいね。
よだれは「有線で充電できるので問題ない」と思っているので購入していません。

ソフトウェア

Logitech Gaming Software」というソフトウェアを使ってマウスのDPIやLEDのカスタマイズが可能です。
DPIは200~12000の範囲で自由に設定することができます。
DPIを全部で5つ設定することができホイール下のDPI変更ボタンを押すことで即時にDPIを変更できます。

LED

設定できる項目は以下の通りです。
・点灯箇所(ロゴを光らせるのか、ホイールを光らせるのか)
・光りのエフェクト
・LEDの色

カスタマイズ

左クリックと右クリック以外の部分でカスタマイズができました。
DPIのアップ・ダウンやマクロの設定をマウスボタンに設定できます。
詳細な設定は画像を参照してください。

まとめ

いかがでしょうか。

もしあなたがG703を使ってみたら「もう有線には戻れない!」と言ってしまうことでしょう。
そこまで言っても過言ではない商品だと思います。
数年前までは「無線のゲーミングマウスなんてありえない」なんて言われていた時代がありましたが、「これから無線のゲーミングマウスを使うことが当たり前の時代になってくるんだ」とそう思わせる商品でした。

使っていて一番よかったなと思ったことはやはり「線を気にする必要がなくなった」ことです。
快適なゲームプレイのためにG703購入は”間違ありません。”

G703の購入を検討されている方にとって参考になればうれしいです。
ありがとうございました。
それではこのへんで!

スポンサーリンク

気になった記事をシェアしよう!