【レビュー】Logicool G PRO Gaming Mouseでスムーズな動作が可能に!

こんにちは、よだれです。
今回は、Logicoolの「PRO GAMING MOUSE」のレビューをします。
これまで、「ZOWIE EC2-B」を使ってきました。
EC2-Bはとっても握りやすくて、めちゃくちゃ気に入っています。
Logicoolの「HERO16Kセンサー」に惹かれてしまい購入しました!あはっ!w

ちなみに詳しい情報は「ZOWIE EC2-B」のレビュー記事をご覧ください。

【レビュー】 握りやすさを追求したマウス「ZOWIE EC2-B」

HERO16Kセンサーを低価格で体感できる!

「PRO GAMING MOUSE」は公式サイトでもの説明があるとおり、
「ロジクール製品の中で最も高精度のゲーミングセンサー」と謳っています。

「本当なのかな?」

「何が違うんだろう?」

いろいろと疑問があったのですが、使ってみて納得しました。
これは体感の話ですが、トラッキングする速度が他のマウスより速くなった。
いや、滑らかになったというべきでしょうか。
違いが体感でわかりました。

R6Sをプレイ中に素早くフリックして、決め打ちやクリアリング、
ロックを行う際の動作が以前よりスムーズになりました。
この価格帯で最新のセンサーを使用できることは非常に魅力的です。

「PRO GAMING MOUSE」の重量は80gなので、ブンブン振り回せます。
今まで使用していた「ZOWIE EC2-B」と比べても軽いです。(EC2-Bは90gくらいなので)
マウスが軽いのは、長時間プレイしても疲れにくいのでいい点です。

また「G703」のようにマウスのお尻が出ていないので
私にとってリコイルコントロールがしやすくていいですね。

詳しくはG703のレビューをご覧ください。
【レビュー】”有線を超える”無線ゲーミングマウス「Logicool G703」

軽い力でクリックできる!FPSにはとても重要です!

「PRO GAMING MOUSE」のもうひとつの魅力は軽い力でクリックできることです。
エイムや射撃をする際に、余計な力を使わずにすみます。
なのでリコイル制御が安定し、正確な射撃が可能につながる点もいいですね。

最初のうちは、誤爆しちゃうくらい軽いと感じるかもしれません。
慣れるまでは注意したほうがいいでしょう。

ホイールボタンとサイドボタンの押し込みは力がいる

ホイールボタンとサイドボタンにやたら力がいるのはなぜですか?
クリックはとっても軽くできるのに・・・。
もう少し軽い力で押せたらよかったのになぁと思いました。

R6Sでは使用するボタンが多く、サイドボタンやホイールボタンの使用頻度が多いんです。
1ゲームで何度も使用するため、もう少しだけ軽いほうが個人的にはよかったです。
サイドボタンやホイールボタンはボタンの押し込みに力がいるので注意してください。
サイドボタンにおいてはG703と同じくらいの力で押せるのがいいなと思いました。

かぶせ持ちでもいけます

ネットの情報だとつまみ持ちや掴み持ちは持ちやすいみたいですね。
私はがっつりかぶせ持ちです。
確かにかぶせ持ちだとマウスの形状に癖があるのか、「EC2-B」と比べると
握り心地はよくはありません。
しかし、慣れてしまえば問題と思いました。

このマウスにしたから握り方変えようなんて思わず、
握りやすい持ち方で握ればそのうち慣れます。
かぶせ持ちでも十分使えます。

マウス自体が小さいので、小さい手のほうがフィットします。
大きい手だと握りにくいかもしれません。
私は女性くらい手が小さい(18cm)ですが、フィットしました。

手が小さくて握りやすさを求めるのであれば「EC2-B」を選んだほうがいいでしょう。
HERO16Kセンサーっていうやつを使ってみたいなら、このマウスおすすめです。

気になった記事をシェアしよう!