R6Sにメモリは何GB必要?【メモリ容量ごとに比較してみました】

R6Sのプレイでメモリ容量を気にしている方へ。

「なんかゲームがカクカクしてプレイできないな。」

「メモリ不足のエラーがでるな。」

「メモリ増設したいけど、何GB必要なのかわからないな。」

と考えていませんか?

本記事では、下記の内容を解説します。

この記事を書いている僕は、ITエンジニア歴5年
自作PC台数3台経験あります。

メモリとは?

メモリの基礎知識

メモリが足りないとPCの動作が遅くなり、ゲームの動作も重たくなります。

メモリは例えるなら机で、メモリ容量は机の大きさです。
メモリ容量が大きいと広々とした机で作業ができます。
逆にメモリ容量が小さいと狭い机で作業をしなければなりません。

メモリ容量が大きければ効率的にPCが動作し、容量が小さければ効率的にPCが動作しません。

R6Sにはメモリが何GB必要あれば快適にプレイできるのか

結論から言うと、ゲームを中心にやる方はメモリを16GBに、
ゲームとゲーム配信もする方は16GB以上にすることをおすすめします。

検証スペック

今回使用するスペックは下記の通りです。

OSWindows 10 Pro 64bit
CPUCore i7-9700K
マザーボードZ390M-S01
GPUGeforce RTX2070 8GB
メモリ32GB Corsair DDR4-2666MHz 8GB × 4
電源静音電源 750W Gold

CPUはおそらく使用している方が多いと想定してcore i7-9700K
GPUはRTX2070とGTX1080しか持っていないので、
申し訳ありませんがRTX2070にしました。

ゲーム内設定

テクスチャ-
テクスチャーフィルタリングリニア
LOD品質最高
シェーディングオフ
シャドウ
リフレクション
アンビエントオクルージョンオフ
レンズエフェクトオフ
ズーム被写界深度オフ
アンチエイリアスFXAA

R6Sで検証してみた

検証は海岸線でテロハントをプレイしました。

下記が8GBごとに検証したFPS(フレームレート)です。
8GBと32GBでは思った以上に差がでました。

上記の結果、下記のようにするのがベストです。

8GB

60Hzのモニターを使用している方は8GBで快適にプレイできます。
144Hzのモニターを使用している場合は、場所によって144FPS以下に
なってしまう場合がありますので、16GBにすることをおすすめします。

また、ゲーム配信などをすると重くなったする可能性があります。
ゲーム配信する場合は16GBにしましょう。

16GB

144Hzモニターを使用している場合、快適にプレイできます。
240Hzで安定的にプレイしたい場合メモリ増設+RTX2080(RTX2080Ti)に
アップグレードした方がよさそうです。
16GBでもゲーム配信をした場合はFPSは低下するため、
FPSを稼ぎたいよ!という方は、32GBにすることをおすすめします。

24GB

16GBとあまり差がないため、単純にメモリを増設してFPS向上を求めるので
あれば16GB→32GBにした方が恩恵があります。

32GB

FPSが大体210あたりをうろうろしていました。
16GBと比べると約10~20くらいはFPSが向上するようです。
それ以外の恩恵はあまりないかもしれません…。

少しでもFPSを向上させるためにやっておくべきこと

メモリの消費量を減らすための設定

Windowsの設定でメモリの消費量を抑えることで、気持ち程度ですがFPSが向上します。

1. スタートメニューの上で右クリックをして
  ファイル名を指定して実行をクリックします。

2.「control」と入力してEnterキーを押します

3.システムとセキュリティをクリックします。

4.システムをクリックします。

5. システムの詳細設定をクリックします。

6. 詳細設定タブのパフォーマンスの設定をクリックします。

7.パフォーマンスを優先にするを選択して適用とOKをクリックします。

これで少しはFPSが向上できます。

まとめ

メモリは積んであればあるほどいいとは言えますが、R6Sの場合は16GBあれば十分です。
16GBでメモリ増設を考えている方はCPUやGPUにお金を回してあげましょう。
8GBの方は16GBにした方がFPSも安定するためおすすめです。



今回はここまで。

気になった記事をシェアしよう!